先日ハッピーメールを使っていけないことをしてしまいました。

 

私は京都市内に住む30代後半の主婦です。
結婚7年目ですが、こどもがおらず、時間がたくさんあるので最近までバイトをしていました。

 

しかし不景気で働いていたチェーン店の飲食店が閉店となり、仕事を失ってしまいました。
私が勤めていた飲食店は関西ではたくさん店舗のある大型店で、大学生から人妻まで様々な年齢層のバイトがいました。
なかには若い大学生のアルバイトの男の子がいたりして、楽しかったのに・・・。
私はバイト先で気分晴らしができていたのかもしれません。

 

 

夫は私より15歳年上で、小さな不動産屋を経営しています。
自営業なので定年退職もなく、生活は安定しているのですが、とにかく仕事人間なのです。
私は夫の仕事は一切手伝ったことはなく、従業員は古くから働いている人たちばかりです。
自分の居場所がない、というとおおげさかもしれませんが、若い人との交流をいつも求めているのは確かです。
刺激を求めた、といったほうがわかりやすいでしょうか。
年上の夫に、私の両親、近所も高齢の人たちがほとんどで、なんだかじぶんまで老け込んでしまうような気がしたのかもしれません。
近くに友人は住んでおらず、多くは関東圏へ嫁いでしまい、人妻となり子育てに追われなかなか会うこともありません。
孤独だったといってもいいでしょう。
そんな私の唯一の気晴らしの場であったバイト先がなくなってしまった・・・。

 

 

バイトに行かなくなってからというもの、私は一日中SNSをしたり、ブログを読んだりしてパソコンの前で過ごすことが多くなりました。
そのときにちらっと見かけたのが、出会える評判の高い出会い系のハッピーメールでした。
日中はSNSでも誰もコメントもくれないし、ちょっとやってみるか、と思ったのがきっかけでした。
はじめはちょっとした気まぐれでしたが、だんだん本気で出会いたいと思うようになりました。
私が想像したよりずっとたくさんの人が利用しており、すごく楽しい出会いがあるかもしれないと思うようになっていったのです。
でもはじめは、単にメールを交換するだけでした。
相手の顔が見えないし、正直ちょっと怖い気もしたのです。

 

 

しかし数人の男性とメールを続けている中で、ひとりだけどうしても会ってみたくなった人がいました。
その男性は30代の前半で既婚者の人でした。
事情があり1年前に結婚したものの、新婚当初から仮面夫婦で、まったく味気のない結婚生活だとのメールの内容に、さみしい人妻の自分の境遇を重ね合わせたのかもしれませんでした。
彼の文章は丁寧で、思いやりが感じられました。
長い文章ではないのに、なぜか心に残るような文面が多く、とても心惹かれました。
彼も関西に住んでいて、仕事で京都に来ることも多いとの話でした。
「いつか会いたいね」
お互い気持ちは同じだったものの、なかなか会えないまま、半年近くメールを続けました。

 

 

そんなある日、彼から京都へ行くが会えないか、とメールが来たのです。
私は夫には千葉から大学時代の友人が来るからと、嘘をつき彼に会いに行きました。
やっと会えるとい嬉しさの反面、顔も知らないのでどんな人かと不安でした。
現実の彼は、私より年上に見えました。
ちょっと寂しそうな感じはメールの印象どおりでしたが、思ったよりよくしゃべる人でした。
私たちは、私のとっておきのお店に数件言った後、ホテルへ行きました。
とても自然な流れでした。
夫と違う男性と関係を持つのはもちろん結婚してから初めてです。
彼のほうはちょっとなれた感じがしました。
とても情熱的で刺激的な夜でした。

 

 

その後彼とは連絡を取っていません。
でも他の人とも楽しみたい欲求を私は抑えきれそうにありません。

 

 

既婚、女、30代、主婦